設計事例

板塀のある家


板塀のある家_1

 

コンセプト

この住まいは、鹿児島県の大隅半島、鹿屋市の旧市街と田園地域の境に計画されました。立地として、敷地も広く、日当りもよく、通風も十分確保できる、理想的な環境にあります。家族は、若い夫婦と子供(2人)で、平屋で開放的でありながら、プライバシィーも確保できる「住まい」の要望があり、外観上のデザインの要素である板塀をコートハウス的に回らすことで、施主の要望に応えました。 この板塀は、通りからの視線を遮ぎると同時に、板塀の一部が軸回転の板戸になっており室内側、特に居間、台所から来客、通りの様子が見えるように配慮されています。 板塀に囲われた中庭には、広いウッドデッキがあり、このウッドデッキは中庭と室内を繋ぐ中間的領域であり、日常生活において、子供の成長とともに、また四季折々の自然との深い関わりを演出する重要な要素となっています。外観上は、屋根勾配を緩く、シンプルな形態を希望されたので、屋根の材料には降灰、多量の雨を考慮し、ガルバリュウムの立てハゼ葺きの片流れ屋根を採用しました。施主は内装にもこだわりがあり、床は無垢材、天井、開口枠、家具などには、シナ、米栂を使用することで材質感、色合いなどの統一感を演出しました。間取りは、家族が居間中心に生活していることに配慮し、シンプルで、明るく、開放的なLDK方式を採用し、住まいの中心にLDKを配置ました。安全で、快適な日常生活が送られる「住まい続けられる住まい」が提案できたと思っています。

板塀のある家_2

 

板塀のある家_3